2010年02月15日

今村仁司の『仕事』

今村仁司 『仕事』 (弘文堂)
imamurahitoshishigoto.jpg


ヨーロッパの伝統においては、労働は宗教的、神話的、道徳的な蔑視の対象であり、
自由な人間のすることではない、非人間的、周縁的、低俗なものとしてイメージされていた。
一方、近・現代の労働観では、働かないことがむしろ悪徳、後ろめたいことに分類されている。
だが、古代においてそれは善であり、「労働からの解放」として理想的な評価をされていた。
観想、宗教的瞑想、余暇こそが、人間本性と結びつけられた、人間らしい行為だったのだ。
無論、それらが奴隷制や劣悪な差別を支えとしていたことは考慮しておかなければならないが、
現代の私達の労働観が、それなりに擬似的な普遍性しか持っていないことは明記してもいい。


ここに見える古代と近・現代の労働観の転倒現象は、ウェーバーの『プロ倫』にあるような、
近代化の流れの中で生じたものだと言えるだろう。脱魔術化、脱宗教化、合理化の流れの中で、
都市の周縁に位置していた商業は、都市の中核を担う要素として把握されるようになり、
「最も卑しい」とされた労働行為は、人間社会を組織する中心的な価値として理解される。
また、科学者や技術者は産業と合流し、魔術師と同格だったその社会的地位を向上させ、
一方で、精神活動すらも「労働」「生産」という概念で語られてしまう時代が到来する。
学問や観想すらも労働であり、生産性を求められるというから、まさにプラトン涙目w である。


古代的な労働観は、産業革命や近代化を経て19世紀まで残り続け、20世紀になっても、
例えばバートランド・ラッセルあたりが「労働とか大概にしとけよ」と言っていたりする。
そこにある価値観は何かと言えば、「労働は人間的自由を喪失させる」という直観であった。
労働と言うのは生きていくために避けられない、自然的必然性に拘束された活動であって、
それに縛られている限りは自由でない、人間にはもっと大切なことがある、という意見は、
甘い、空想的な意見ではあるけれど、そこにはそれなりの説得力があるように思われる。

私達現代人は、その意味で総奴隷化されている。かつては一部の人間だけが奴隷だったが、
現代では全ての人間が労働者という名の奴隷である。余暇ですら、私達は消費するしか能がなく、
かつて永遠の相を帯びていたあらゆる耐久財は、「労働‐消費」の刹那性の陥穽へと落ち込む。
ハンナ・アレントが『人間の条件』の中で語った「労働」「仕事」「行為」の分類も、総労働化し、
「仕事」の美学も文化性も、「行為」の政治性・公共性も、労働的なものとして消費される。
そしてそのような状況で語られる、「労働の尊厳」だとか「労働は生きる意味」という観念は、
資本主義的だろうと社会主義的だろうと、現代の奴隷制を支えるイデオロギーでしかない。


「労働の尊厳」は、資本主義という労働社会を確立するための物質的力を発揮した。ウェーバーが言うように、「労働の非人間性・無意味性」を隠すためには「尊厳」という宗教的光明をさえ必要とした。資本家も労働者も同じイデオロギーに浸されることで資本主義的労働社会が成立する。そのイデオロギーが単なる空虚な観念でなく生産力の上昇に貢献したことは確かであるが、そのことと労働の不自由性=奴隷性とは別のことである。現代でも、カピタリストとソシアリストとを問わず、「労働の尊厳」を強調することが根強く生きのびているが、俗耳に入りやすいがゆえに、この労働イデオロギーは全般的労働奴隷性を強要することに貢献してしまう。現代の社会思想の根本問題の一つは、労働が根本的に奴隷的であることを直視し、それを美化する労働表象をできるかぎり解体することである。(p.194)


この話が具体的に、リアルに問題になるのは、恐らくベーシックインカム論の中でだろう。
政治家や批評家の中には、ベーシックインカムに肯定的な人が相当数いるように思われるが、
そこで「労働の尊厳」や「労働者の連帯」や「労働意欲の後退」という言葉をよく耳にする。
今後、ベーシックインカムが社会的な議論になるとすれば、そこで考えておくべきなのは、
「労働そのものに価値がある」的な意見の具体性・公共性、「労働」の意味ではなかろうか。
ここまでの論旨から言えば、そんなもん無えよ、というのが私の言いたいことなのではあるが。

今村仁司のこの本のタイトルは、『労働』ではなく『仕事』である。
この本は総労働化した社会を、「労働の仕事化」へと繋ぐ形で結ばれている。
この「仕事」とは、アレント的な「仕事」だろうが、簡潔に書かれすぎてて不明瞭だ。
ともあれ、「労働は人間的本質である」という観念を解体し、人間をより自由にするために、
ベーシックインカムという制度が、「労働の仕事化」に協力できることはあるかもしれない。
posted by 手の鳴る方へ at 07:24| Comment(0) | 哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

『福祉と正義』

アマルティア・セン、後藤玲子 『福祉と正義』 (東京大学出版会)
13010110.jpg


アマルティア・センの論文と、センの研究領域内で語られる後藤玲子の論文からなる一冊。
ロールズ批判から日本の生活保護への進言、カントの不完全義務、世代間の公共性問題など、
内容が主軸もないままに理論から応用、さらに別の理論へと拡散しており、とっつき難い。
それでもあえて一言で言えば、「開かれた政治・開かれた社会」についての本だと言える。
『グーテンベルクからグーグルへ』が、文献学の開かれた制度設計に関する本だったように、
この本は、政治や社会という制度を、開かれたものとして設計する筋道について考えている。


センが専攻とする社会的選択理論は、革命的な経済学者ケネス・アローが発展させた理論で、
ざっくりとその業績を説明すれば、「理想的な投票制度は無い」ということを明らかにした。
政策決定は、民主的でありつつ、個々人の多様な選好を集計して合理化することができない。
センの社会的選択理論における功績は、アローのこの不可能性定理を継承・発展させつつ、
アローも前提としていた近代経済学そのものへの批判、検討可能性を示した点にある。

そのセンの業績の、主要なものを解説すれば、近代経済学のタームである効用(utility)から、
福祉(well-being)への転換、その福祉を保障する潜在能力(capability)という概念を設定、
これによってより客観的(と言うより脱自己中心的)な評価、そして公共的な討議を可能とし、
人々の社会性や主体性を同時に尊重してみせる、という筋道を理屈の上で立てた点にある。

補足すれば、潜在能力とは、経済・学校・医療制度等によって社会的に保障される個人の能力で、
それらの(法的・道徳的)制度に不備があったり、そもそも公共的に認知されていないならば、
社会は、あるいは国際社会は、福祉の観点から何らかの対応を迫られるし、迫られるべきである。
そして何が保障されるべきか、誰が保障されるべきか、それを制度化する義務を誰が負うべきか、
誰の自由が実現され、誰の自由が制約されるのか、誰がそれらを決定するのかという問いがある。
それら困難な問題は、公共的理性に基づいて討議し、精査、識別されるべきであると考えられる。
「開かれた政治・開かれた社会」はこの場面において要請される。要するに、みんなで決めよう、
という小学校の学級会レベルの話を、全身全霊で――個々人の自由に配慮し、合理的であり、
民主的であり、なるだけ最善の決定であり、その「最善」とは何かについても思慮深くあり、
アローが示した公共的投票の限界を存知しつつ、「みんな」の範囲を不当に制限しないように、
そしてそのときに言う「不当」とは何かも考えつつ――やっているようなものと言えなくも無い。


これらのことを投票だけに押し付けるのが、そもそも無茶振りとも言える話なのであって、
現代の民主主義を、投票のような単一の制度的特徴へと還元すること自体が不穏だと言える。
民主主義において熟慮されるべきなのは熟慮そのものであり、道徳哲学や政治哲学が希求する、
公正としての正義は、開かれた制度設計に関する視線なくしては語ることなどできないのだ。
posted by 手の鳴る方へ at 09:11| Comment(0) | 哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

『30年代の危機と哲学』

M・ハイデッガー他 『30年代の危機と哲学』 (清水多吉・手川誠士郎 編訳 平凡社ライブラリー)
58276299.jpg


近代化したヨーロッパが、世界大戦やら資本主義の矛盾を経て、1930年にまで至った頃、
その近代を支えている、ヨーロッパが生み、培ったはずの客観主義・自然主義・自然科学が、
実はヨーロッパを、その大学を、精神を、民族を、文明を、危機に陥れているんじゃないか?
と、ドイツの知の巨人達(フッサール、ハイデッガー、ホルクハイマー)が主張したって内容。
もっとみんな本気で哲学を学ぼうぜ、人間について考えようぜ、という愚痴っぽい話でもある。


「我が上なる星空と、我が内なる道徳法則、我はこの二つに畏敬の念を抱いてやまない」と、
カントの墓には刻まれてあるらしいが、フッサール達哲学者の危機感の根本は何かと言うと、
この前者の、天体の動きのような客観的合理性が、後者の道徳法則を飲み込むという自覚にある。
この「内なる合理性」の危機、人間精神の危機が、即ちヨーロッパの危機として認識されている。
科学至上主義は我が上なる星空だけでなく、我が内なる道徳法則にすら影を落とそうとしている。
そんな「外面化」された合理性にしゃしゃり出て来られると、ヨーロッパが衰亡するだろうよ、
人間や文明をそんな視点で語られたらたまったもんじゃないよね、と、まぁ、そういう認識だ。
訳者の一人の手川誠士郎が、とても勉強になる「あとがきにかえて」の中で述べているように、
「学問の危機とは現実を離れて存する純粋理論がそれ自体で超越論的に機能するところにある。」
この言葉自体は、科学至上主義だけではなく、フッサールの純粋理論にも向けられた言葉だけど、
この躓きの石の上に、アドルノやハーバーマス達の次世代はポストモダンの言説を築き上げる。
だからこの本の内容自体は、ポストモダンが繁茂するための苗床のようなものだったのだろう。


話はやや変わるけど、「西洋」「近代」「学問」「哲学」「古典」というこれらの言葉は、
私達日本人が思っている以上に、密接に絡み合い、分けて考えられない概念のようで、
近代の危機、なんてものは今の日本にもある話なんだけど、だからって哲学とか古典とか、
その類の学問がクローズアップされることは余り無い。新書が売れる程度でしか、無い。
近代を耐え抜き、近代人を鍛錬する「古典」、そんな発想がデフォルトな西洋が羨ましい。
日本の文系学問が軽視されてるのは、この種の発想が欠けてるからでもあるのだろうなぁ。
posted by 手の鳴る方へ at 04:43| Comment(0) | 哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

DS版DQ6の感想

・SFC版をプレイ済みなのにあらゆるイベントの記憶が無い
・SFC版はクリア直前に自分のデータだけ消えたんだよね・・・
・結局妹のデータでエンディングを見た記憶がある
・アモールの「いくら洗っても血が落ちないよ」だけは覚えてた
・会話システムがドラクエの本体になりつつある
・特技ゲーだからHPの低い女性陣は使い辛い
・「ピチピチギャル」とか一人称の「あたい」とか、もうドラクエでしか見られない
・人魚って魚食うのか・・・
・バーバラは馬車からホイミとリレミトする機械
・アモスは萌えキャラ
・それ以外はモンスター含めて真面目過ぎる
・ハッサンとかああ見えて普通に常識人だからね
・でも「ネコさんこんにちわ」「うさぎさんこんにちわ」とか言うミレーユ姐さんはイイ
・アモールのバニーガールに「うさぎさん」とか言うんだよこの人
・「うふっ、しかばねさんこんにちわ」とか言いやしないかとドキドキする
・「持ってた武器を振り回した」スライムナイトに誰か突っ込むべき
・職業ドラゴンが二人いればどうにでもなる
・むしろ一人でも何とかなる
・マッドロンのザキで何度ゲントの村に戻ったことか・・・
・チャモロはゲントの杖のおまけ
・文字表示の速度を最速にしてるから遊び人が何をやってるのかさっぱりわからない
・気がついたらHP50回復したりとかしてるし・・・
・テリーは雷鳴の剣のおまけ
・ピエール>テリー
・アモス>ピエール
・ドランゴ>アモス
・最初はテリーを使おうと思ってたんだよ
・けど無理でした
・アモスは萌えキャラ
・ドランゴが兵士に変装するのは無理だろ
・盗賊連れてレベル上げをしてるとアイテムをガンガン盗んでくれる
・買った覚えのないドラゴンキラーが6本くらいあるからね
・カーリングなんてやらないよ?
・そしてドーピングアイテムも使わないよ?
・夢告白もやってないなそういえば
・欲望のまちのイベントで「私ならお菓子をたくさん食べちゃいますねー」とか言うアモス
・お菓子て
・伝説の刀鍛冶の娘が「筋肉つきすぎてて踊り子になれなかった」という話が好き
・父親が失踪し自分には鍛冶職人のスキルしかないけどその技能で生きる気にはなれない。しかし生活が困窮するので仕方ないから意を決してカジノのバニーガールになろうと思ったら「筋肉がつきすぎてるから無理」と言われた一人称が「あたい」の女性がいたらそっと抱きしめるだろ普通に考えて・・・
・ガンディーノの先代皇后の隔離されっぷりが生々しい
・トラマナ→賢者に話す→イベント→イベント終了→動く→ダメージ床でダメージ→おいぃ!
・賢者の石の有難味がこれほど薄いのも珍しい
・やまびこぼうしの有難味も薄いなぁ
・エンディングでいっつもダンスするけど、しょぼいから止めればいいのに
・しかし会話テキストの量が尋常じゃないな
・アモスは萌えキャラ
posted by 手の鳴る方へ at 20:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。