2008年10月28日

もはや路上からは何も生まれないって?

ゆず生誕の地「横浜松坂屋」が10月に閉店解体-144年の歴史に幕
ヨコハマ経済新聞 (2008年6月24日)


加太こうじか誰だったか忘れたけれど、確か「黄金バット」関係の人間が、
昭和末期、「もはや路上からは何も生まれないだろう」としたり顔で言ったらしい。

そのように言った人間の脳裏には、恐らく昔の路上の雑多とした光景があったはずで、
それは香具師やチンドン屋、紙芝居等の大道芸人が、許可無く商売を始めるような、
そういうエネルギーが路上から消え去ったということを言いたかったのだと思う。
昭和30年代の地域新聞や町内会報を見ていると、ゴミをポイポイ路上に捨てるなとか、
勝手に路上に商品を広げるなとか、酒を昼間から飲むな、売るな、自粛しろとか、
路上には「古き良き日本」の美しい光景が広がっていたようで、これがやたらと面白い。

「路上からは何も生まれない」と語った人が予想していたかは知らないけれど、
日本の、特にデパートなんかが建っているような一等地の路上は、夜の顔を持つようになる。
人通りの絶え始めた21時頃になると、どこからかギターを片手に若者が集まり、
降りたシャッターの前で歌声を披露したり、押し黙ったままギターを弾いたりしている。
四国かどこかで、スティールドラムをズラッと並べて演奏していた奴も見たこともある。
他にも夜の路上には、リフティングの技を披露する者や、スケボーの練習をする者が表れる。
いまだに相田みつを的な書やイラストを描いたりするのにはさすがに辟易するけれど、
そこには消尽されるエネルギーがあり、都市の空白へと潜り込もうとする力が蠢いている。

路上文化という意味では、ゆずの登場とその後の堅実な活躍は一つの成果だったに違いない。
だから、「もはや路上からは何も生まれない」と言い放った昭和の言い分は間違っている。
もっと大仰なことを言えば、つい最近も、ゆず以上に大きな成果が路上からは生まれていて、
ガムテープで描かれた新しいゴシック体の、いわゆる修悦体なんかは路上の寵児だと思う。
この字体の誕生で、平成の路上文化は、偉そうな顔をしがちな昭和の顔に冷や水を浴びせた。
こういうことのできる人間がいる限り、老舗デパートが時代の流れの中で閉店しようとも、
路上はずっと表現の場としてあり続けるだろうと思います。
posted by 手の鳴る方へ at 07:16| Comment(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。